PLCの外見から分類すると

PLCを外見から分類すると、ブロック,ボード,モジュールの大きくわけて3つタイプにわかれます。
制御する規模も同様に分かれますが、近年性能の差が少なくなったような気がします。
ボードタイプは、姿を消す傾向にあり、ブロックタイプとモジュールタイプになってきています。

 

この投稿の続きを読む »

PLCのメモリーは有限です。

PLCのラダープログラムは、無限に書けるわけではありません。
PLCの構成でもお話しましたが、メモリーがあります。

 

この投稿の続きを読む »

PLCの入出力(I/O)割付

入出力部は、ハードとソフトを受け渡す重要な箇所です。

ハードでは、入力部の端子台から出力部の端子台から配線されます。
入力機器ではセンサーやスイッチなどの入力信号を、出力機器は電磁弁やモーターなどの出力信号をPLCに取り込みます。


ソフトでは、入出力専用のデバイスアドレスになります。

 

この投稿の続きを読む »

PLC動作のしくみはスキャンに有り

PLCは、「入力処理」→「プログラム実行処理」→「出力処理」の3つ処理を高速で繰り返してプログラムの動作をおこなっています。

 

この投稿の続きを読む »

PCとPLCの構成は同じです。

PLC(プログラマブル ロジック コントローラ)は、
CPU(セントラル プロセッシング ユニット)とメモリを持っています。
これではなんだか、アルファベットとカタカナでよくわかりませんね。

この投稿の続きを読む »

PLCとは

PLCは当初、リレー回路を置き換えたものでした。
リレーで制御した場合に回路を変更するには、配線を変えます。
なので配線作業が大変ですね。

この投稿の続きを読む »


【スポンサードリンク】

このページの先頭へ