位置決め制御の機能

位置決め制御とは、読ん字のごとく位置を決める制御です。

位置を決めるために
回転の位置決め
直線の位置決め
などの動作がありますね。


今までにも位置を決める制御がありました。

どこか違うのでしょうか。

 

この投稿の続きを読む »

PLCの応用命令

命令語の分類は、各メーカの取扱説明書を読んでいるといろいろですね。
FA電気設計ノートでは、a接点やb接点と云った接点やコイル出力などのリレーシーケンスと同じに使用される命令を基本命令としてそれ以外を応用命令としてコンテンツを記述させていただきます。
そこで、基本命令と応用命令を使う判断は、どういうときでしょうか。

この投稿の続きを読む »

PLCの演算命令

演算というと足し算,引き算,掛け算や割り算が、
主な算術になるか存じます。

足し算や引き算で注意したいところは、
ワード数によって取り扱う数に制限があることです。

掛け算や割り算は、演算した結果で、
取り扱うワード数が変わってしまいます。

 

 

この投稿の続きを読む »

PLCの基本命令

PLC(Programmable Logic Controller)の基本命令は、
一般のリレーシーケンス回路と同じように制御することが可能です。

基本命令を理解することが、PLCを使いこなす早道になりますね。

リレーシーケンスでもおわかりかと存じますが、
ラダープログラムの基本命令は、接点の部分と出力の部分に分かれます。

 

この投稿の続きを読む »

はしごのような図もプログラム言語です。

PLCのプログラム言語には、大きく分けて図で示す方法と言葉で書く方法があります。


PLCでプログラムする場合に、メーカのPLC開発ツールで
リレー制御の回路図と同じように書いています。

 

この投稿の続きを読む »

伝送処理の機能

通常は、入出力ユニットを使って入力で云うとセンサーやスイッチなど,出力で云うと電磁弁やランプなどで並列すなわちパラレルに使っています。

ケーブルを使って電線を三本ぐらい使って伝送設定を決めてデータの単位で直列にすなわちシリアルに使います。

 

この投稿の続きを読む »

アナログ入出力の機能

電圧または電流は、連続な値のアナログ信号です。
このようなアナログ信号をPLCに取り入れることがあります。
どちらかと言えば計装のによく使われますね。

 

この投稿の続きを読む »


【スポンサードリンク】

このページの先頭へ