AutoCAD LTでカスタマイズ 其の4

AutoCAD LTのマクロ機能で、DWGファイルからDXF変換して
ファイルを作成します。

 

DXF ファイルは、 ASCII またはバイナリ形式で保存し、
別のCADで見ることができます。
そして、描き直しをしたり,そのCAD形式で保存することができます。

別のCADで見た時に、
文字の大きさが違う場合があり変更したことがありますが、
始めからCAD入力するより、はるかに早く仕上げることができます。

DXF変換する場合に、浮動小数点精度の設定など、いくつかありますので
一度、試してから全てのファイルを変換することをお勧めします。

ご参考までにマクロを記述します。

--------------------------------
カスタマイズのWindow
--------------------------------
ボタンのプロパティ
名前
DXF変換保存→終了

説明
現在の図面をDXFで保存して終了します。

このボタンに関連つけられたマクロ(M)
^C^C_dxfout^M^M16^Mclose

ボタンイメージ

DXF.bmp
 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録


【スポンサードリンク】

このページの先頭へ