図面の修正

路で制御盤にコントロールリレーを1個追加して、外部の盤にa接点を送る回路を追加したらどうなるでしょうか?
端子台は、予備があり、ケーブルも予備があるとします。
コントロールリレーは、既に配置してあるものと同じ型式を使用します。


この条件で、図面を修正すると

展開接続図にコントロールリレーを追加します。
制御盤の内部配置図にコントロールリレーを追加します。
部品表に同じ部品が既に使われているので、個数の変更だけで済みます。
また、コントロールリレーなので普通、ソケットが別で購入しなくてはいけないので
ソケットの個数も変更します。
端子台の予備があるので端子図が追加になります。
ケーブル図も予備があるので変更します。


今回は、予備の端子台と予備のケーブルがあるので修正が少ないのですが
無い場合は、さらに部品表に端子表が追加されます。


このように、コントロールリレーを1個追加しただけなのに
展開接続図,内部配置図,部品図,端子図,ケーブル図と5種類の図面を修正する事になります。


まず、手書きで修正して、その箇所に付箋をし、
後で正式に図面を訂正すると良いでしょう。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録


【スポンサードリンク】

このページの先頭へ