製図で書く文字にも規定があります

製図に限らず書いた文字が、読む人にとって読み易い文字を書く方が
喜ばれますね。
製図で書く文字は、JIS Z 8313として規定されています。


詳細は、さらに細かくなっていますね。
JIS Z 8313-0:1998 製図-文字-第0部:通則
               IS0/FDIS 3098-0:97(IDT)
JIS Z 8313-1:1998 製図-文字-第1部:ローマ字,数字及び記号
               IS0 3098-1:74(IDT)
JIS Z 8313-2:1998 製図-文字-第2部:ギリシャ文字
               IS0 3098-2:84(IDT)
JlS Z 8313-5:2000 製図-文字-第5部:CAD用文字,数字及び記号
               IS0 3098-5:97(M0D)
JIS Z 8313-10:1998 製図-文字-第10部:平仮名,片仮名及び漢字
余談ですが、
右には、国際規格と対比していて97は、西暦の1997年を示していて
括弧ないの表記は、
 IDT→一致している。
 MOD→修正している。
 NEQ→同等でない。
国際規格との対応の度合いを示しています。
図面をみた人に対して文字を読んでいただくために規定されていますね。
この規定は、紙の図面で文字を見るだけでなく、
マイクロフィルムや写真でも見ることを想定しています。
図面に書かれた文字が、読み易くまた均一にとあります。
今は、ほとんどCADでお客様に図面をご提出されていると思います。
CADで書かれた文字については、
JIS B 3402:2000 CAD機械製図
の中に規定があります。
一般の常識の範囲でもわかります。
文章のフォントと云うところのゴシック体に相当するのではないでしょうか。
CADで使用する場合は、文字の初期設定がほぼ規定どおりだったので
文字の大きさは、均一に書いていました。
ある日、図面を描いていただいた方から図面チェックのご依頼がありました。
図面を見てはじめに気がついたのが、文字の大きさです。
CADなので読めるのですが、文字の大きさが大きかったり小さかったりで
均一でなかったりでした。
前の図面を流用したのでしょうか。
気にはなったのですが、
急いでいたので数がおかしいところだけ指摘しました。
2度目のチェックでさらに文字の大きさが違っていたので
さすがに注意することにしました。
最初に文字の大きさについて話しておけば良かったと思いつつ
文字の大きさの大切さを痛感致しました。
図面を描くときは、電気設計士として文字も綺麗に書くこと心がけたいですね。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録


【スポンサードリンク】

このページの先頭へ