電気の歴史

冬になると、ポリエステルの化学繊維のセーターなどを着ていると、 クルマのドアを開けるときに「パチ!」としたことがあるかと思います。

これが、静電気と言われ電気の始まりと言われています。

遠い昔に発見されました。
 

電気の始まり身近な静電気

今は、静電気を利用した製品もあります。 毎朝、掃除をしてから掃除をしますが、ほこりをとるはたきがそうです。
静電気でほこりをとりやすくしています。 身近なところで静電気も活躍しています。

オームの法則によって電気の基礎が確立しました。
ドイツ物理学者のゲオルク・オームさんからオームの法則と呼んでいます。
オームの法則は、電気を志す人には、絶対に覚えておくと役に立ちます。
 

そして直流から交流へ

今はLEDに変わってきました。 電気を身近に感じさせたにが、電球を発明したエジソンが有名です。 電球のフィラメントを世界中でさがし、日本の竹出会って完成したそうです。 日本の自然が、世界の発明に役立っているなんて嬉しいですね。

交流の送電システムを、考えたのがテスラです。 発電した電気を、各家庭におくるためには、エジソンは、直流の送電システムを提唱していましたが、 交流の送電システムの方が、効率がよくテスラに分があったようです。

今は、家庭用に交流を直流として使うことをも提唱しています。 マクロは、交流で、ミクロは直流といことでしょうか。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録


【スポンサードリンク】

このページの先頭へ