アナログ入出力の機能

電圧または電流は、連続な値のアナログ信号です。
このようなアナログ信号をPLCに取り入れることがあります。
どちらかと言えば計装のによく使われますね。

 

PLCでは1か0の2進数のディジタル信号で処理しています。A/DやD/A変換することは、PLCでは1か0の2進数の連続した値のアナログ信号を細かくしてディジタル信号として処理していします。


そのためアナログ信号をA/D変換( Analog to Digital Converter)と云ってアナログ信号をディジタル信号へと変換します。
アナログ信号は、アナログ電圧またはアナログ電流で入力から取り入れてディジタル信号に変換してPLC内部でデータとして処理します。


また、ディジタル信号をD/A変換( Digital to Analog Converter)て云ってディジタル信号をアナログ信号に変換します。
PLC内部でデータとして処理されたディジタル信号をアナログ電圧またはアナログ電流に出力します。

このようなA/DやD/A変換する機能を備えた入出力ユニットがありますね。

 

モーターの電流を測定してタッチパネルに表示したことがありました。現場にいってアナログ-ディジタル変換ユニットを0点を補正しました。表示するためにラダープログラムを作成すればて大丈夫です。

アナログ信号をディジタルで表示することが必要ですね。

用水路をせき止めるための門の開閉にモーターで制御していました。電流を監視して光ファイバーで離れたところに事務所の制御盤の電流計に表示をしました。

遠く離れた場所で表示するために必要ですね。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録


【スポンサードリンク】

このページの先頭へ