端子台の設置

端子台は、必要最小限に設置するのが理想です。

 

それでは必要な箇所とは、どこでしょうか。
動力関係で外部に配線する時は、モータやヒータであったりします。
電源関係で、別の盤に配線する時は、操作盤であったりします。


リレーとか機器の端子が、あれば渡る事ができるので端子台が必要なくなりますが、
コネクタの場合は、渡る事ができないので端子台が必要になります。
信号線の場合は、一対一になり必ず必要になります、コネクタに変更して減らす事ができます。 

新規規で設計する場合や、改造する場合も、端子台の数は、最小限になるように工夫をしましょう。
改造分は、考慮する必要があります。


新規設計する場合に予備として端子台を設けると良いでしょう。
検討する時に、およそ2割増やすのが普通です。


但し、端子台の数が少ない時、数が多い時には、注意が必要です。


3個の2割だと3.6個で4個にしますが、物足り無い様な気がします。
5個にするのも良いかもしれません。

100個の2割だと20個になってしますので、多すぎのような気がします。
100個あれば、10個程度で良いのではないでしょうか?


お客様によっても判断ができます。
ここのお客様は、改造が多いので少し多めに予備端子をつけておくのが良いかもしれません。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録


【スポンサードリンク】

このページの先頭へ