a接点とb接点

シーケンス制御では、a接点 と b接点 のONとOFFで制御しますね。


a接点とは、またの名を「N.O.(Normal Open)」と云い、
通常はOFFの状態で動作してONになる接点の事を云います。
b接点は、a接点とは逆で、またの名を「N.C.(Normal Close)」と云い、
通常はONの状態で動作してOFFになる接点の事を云います。
「このaとbは、何の略かな?」
こんな事で、人に聞けず悶々とする日々が続いていた事がありました。
そんな中、ひょんな事から本の出会いがあり、見つけたのです。
a接点の”a”は、albeit contactです。
b接点の”b”は、break contactです。
胸のつかえがとれたのは、言うまでもありません。
「ねぇ 知っている! aって何の略なの?」
と人から聞かれた時に
「a接点のaは、albeit contactだょ」
と答えると
「本当と?」
と云われ信じてもらえない事がありました。
そんな時に掲載していた本をご紹介し納得して頂ましたね。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録


【スポンサードリンク】

このページの先頭へ