50Hzと60Hz

日本で、お客様に納める先が大きく分けて東日本か、西日本かの地域に気をつけましょう。
何故ならば、商用電源周波数の50Hzと60Hzが違います。

 

盤内の蛍光灯を選定する時に必要だからです。

 

日本の場合、
太平洋側では静岡県の富士川,日本海側では新潟県の糸魚川
を境界に
関東方面が50Hz,関西方面が60Hz
となっています。(一部、例外がありますのでご注意を。)

 

これは明治時代に
関東の電力会社が、ドイツ製発電機を採用し50Hz仕様になり、
関西の電力会社が、アメリカ製発電機を採用し60Hz仕様になった為です。
次第に、商用電源周波数が、東日本・西日本の統一されました。

 

盤内の蛍光灯を注文する時、型式の後に周波数の記載がない場合は、購入地域の周波数に合わせて納入されます。
従って、
50Hzの地域で購入すると50Hzの蛍光灯が納入され、
60Hzの地域で購入すると60Hzの蛍光灯が納入されます。

 

商用電源周波数の境界線付近のお客様には、必ず確認しなくてはいけない事項です。
図面にも必ず記載するよう心がけましょう。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録


【スポンサードリンク】

このページの先頭へ