機器を選定する場合のポイント

機器を選定する場合のポイントは、
安全率を考慮して負荷より大きい機器を選定すればまずは、OKです。

 

機器を2つのなかで選定しなければいけない時は、安全をみれば大きいものを選べばまず間違い無いでしょう。そのかわりコストがかかります。


また、機器のカタログを見て理解できる事です。

そして、条件がなんであるかを理解します。
複数ある場合があるので注意しましょう。


機器の原理が、わかればおのずとどこをみれはよいかわかると思います。


納期との戦いに勝つためにしかたがないことです。
織田信長も言ってました。
「是非に及ばす」と仕方が無いとつぶやいています。


次回、電気設計で同じ機器を選定する時には、理解してちゃんと選定しましょう。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録


【スポンサードリンク】

このページの先頭へ