検証することにもなります

制御盤や操作盤などの外形図を設計してから筐体(キョウタイ)設計をするのが普通ですね。
筐体(キョウタイ)設計をしていると外形図の図面のミスに気がつくことがあります。


完璧に描くのがベストなのですが、なかなか描けないのが現状ですね。
もちろん、外形図を完璧に仕上げてから自分で検図をする必要があります。
新しい電気部品で、取り付けかたが難しい場合など得に、
重要な箇所には重点的にチェックしましょう。
筐体(キョウタイ)設計がほかの人に依頼される場合は、
筐体(キョウタイ)の細部の設計になりますから
設計する前に打ち合わせをします。
外形図面の責任は、自分にあるので、
得に注意したいところなどを伝えると良いですね。
また、資料を渡したり、部品のCADデータを渡すと良いですね。
相手が、わかるように説明すると、
心良く引き受けていただけるのではないでしょうか。
如何でしょうか。
もちろん、、自分で筐体(キョウタイ)設計をする場合も、検証になります。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録


【スポンサードリンク】

このページの先頭へ