お客様とのお打ち合わせる時間と手段・要望

お客様とのお打ち合わせ中で、
何の電気設計をするのか仕様が決まっていきます。

お打ち合わせ
が電気設計を始めるにあたり、
大切になります。

お打ち合わせには、実際お客様と会う場合や、
電話,FAX,メールなどの手段を使います。

 

お気軽な方法だからお客様の気持ちなって

FAXやメールは、お客様との時間の共有する事がないので良いですが、
電話では、お客様の作業中に突然割り込む事になるので、
注意が必要です。

電話をかける時間帯など気を付けると良いでしょう。

朝は、10時前後ぐらいが一つの目安です。
1日の始まりで仕事が重なる時でもあります。
一段落するのがおよそ10時ぐらいです。

どうしても、電話をかけなければいけない時には、話し方に気をつけましょう。
「お忙しいところ申し訳ありませんが、・・・・」
などと一言添えてみては如何でしょうか。

 

時間の共有

実際、お客様とお打ち合わせる時は、
時間が完全に共有しますので、時間を守ることも大切になります。

最低でもお打ち合わせの始める時間の5分前には、お打ち合わせの場所にいましょう。

お打ち合わせでは、全てを理解するつもりで臨みましょう。
分からなければ、聞きましょう。

但し、相手の失礼に当たらないように注意をして聞きましょう。
「話を中断して申し訳ありませんが、初めての事で・・・・・」
などと切り出してみては如何でしょう。

 

お客様の要望

お打ち合わせでは、お客様の要望を聴きます。

納期やコストという問題があるので、自社で製作する時に、
いつもと同じで簡単な方法であれば、納期やコスト面でも対応が可能になります。

従って、お打ち合わせの中で決め手ていきます。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録


【スポンサードリンク】

このページの先頭へ